よくある質問
FAQ

整形外科に関する診療についてなど、当院で診察やお問い合わせなどの際、よく聞かれる質問をまとめております。

Q.整形外科とはどんな診療をするの?
A.骨・関節・筋肉・靭帯に関する痛みの治療の専門家です。
年齢にかかわる病気(骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折・腰部脊椎管狭窄症・頸椎症・変形性膝関節症・変形性股関節症)・関節リウマチ・若者の腰痛症・椎間板ヘルニア・スポーツよる骨折・捻挫なども診察します。
その他、慢性疾患(慢性腰痛症など)の治療にあたり運動指導・生活指導などで痛みの開放に努力します。
通院不能な方には訪問診療(往診)も行っています。
Q.接骨院とは何が違うの?
A.柔道整復師には、医療を行う資格はありません。施術といいます。柔道整復師の業務は打撲・捻挫・脱臼・骨折に対して外科手段、薬品の投与等の方法によらないで、応急的もしくは医療補助的方法によりその回復を図ることを目的とするものです。よってそれらの傷病とは関係のない肩こり、腰痛、疲労に対する施術は柔道整復の業務ではありません。レントゲン撮影や薬を処方することもできません。公式文書(診断書・交通事故労災事故後遺症診断書など)も発行できません。まず、整形外科で正しい診察を受けることが大切です。
Q.リウマチは治らないの?
A.現時点でも完治することは少ないとされています。ただし”寛解”といって薬を使いながらも症状を完全に抑える状態に持ち込めることが可能になってきています。関節の変形や機能障害が残ると日常生活に大きな支障をきたしてしまいますので、早期診断と早期治療が必要になります。中には薬が効きにくい人もいます。
Q.リハビリは何をするの?
A.温めたり電気をかけたりする治療を物理療法といいます。こちらがリハビリのイメージでしょうか?
その他にも関節の動きを改善したり、筋力を向上させる治療を理学療法といいます。以前は術後の運動療法などはゆっくり時間をかけて行うことが主流のようでしたが、それでは大きな機能障害が残ることがわかっています。可能な範囲での積極的なリハビリが求められています。症状や病態に応じてリハビリを行うことが重要です。
Q.運動器リハビリは何をするのですか?マッサージとは違うのですか?
A.当院で行っている運動器リハビリはマッサージではありません。
マッサージは症状を緩和させるもので、治療ではありません。
一方、運動器リハビリは原因を突き止めて、それを取り除き運動機能を改善するものです。
運動器リハビリは受け身ではよくなりません。指導された運動やストレッチなどを自主的に行うことで改善が見込めます。自主トレを行わない方にはお勧めしません。
Q.湿布は冷湿布と温湿布はどちらを使ったらいいですか?
A.貼り薬は消炎鎮痛剤であり、冷やしたり温める効果はほぼありません。
貼った時にヒヤッとしたり温かい感じがするだけです。
どちらでも構いません。
PAGE TOP