気になる症状と病名
Symptoms & Disease name

膝の痛み

変形性膝関節症

年齢的な変化や外傷などが原因で、関節軟骨がすり減り変形を生じます。

症状

動き始めの痛みや階段昇降時の痛みを感じることが多くみられます。
徐々に歩行時の痛みも悪化していき、活動性が低下します。
炎症がひどい場合には腫れることもあり、曲がりにくさを感じることもあります。

診断

レントゲン:関節の隙間(関節裂隙)が狭くなっていたり、骨の変形を認めます

治療
  1. 消炎鎮痛剤
    炎症を抑えて痛みを軽減します。初期であればこれで症状が消失することもあります。
  2. 注射
    ヒアルロン酸の関節注射により炎症を抑え、軟骨を保護する効果が見込めます。
    (ヒアルロン酸注射で人工関節に至る期間が延びたとする報告もあります。)
    炎症が強い場合にはステロイドを使用することもありますが、極力避けたほうがよろしいと考えます。
  3. 装具
    足の裏に装着する装具により負担がかかる位置を変えることで痛みを緩和させます。
    義肢装具士によって、その人の足に合った装具を作ります。
    支柱付き膝サポーターも効果があります
  4. リハビリ
    ホットパックや低周波治療などによる消炎治療を行います。
    運動器リハビリによる筋力訓練や可動域訓練で膝にかかる負担を軽減します。
  5. 手術
    様々な治療が効果なく、日常生活に支障があるようであれば手術をお勧めします。
    「年だから」と言われる方も多いですが、年長者の方に多い疾患ですので、あきらめずに検査を行ってみてはいかがでしょうか。

大腿骨顆部骨壊死

微細な骨折が原因で骨がつぶれてしまうことがあります。
症状は変形性膝関節症と似ています。
変形性膝関節症の治療を行っても痛みや腫れが引かない、夜寝ていても痛みが生じるなどの症状があればMRIで検査を行うことをお勧めします。

半月板損傷

大腿骨と脛骨の間に半月板があります。
膝をひねったり、深く曲げるときに痛みや引っかかりを感じることがあります。
軟骨損傷の原因にもなります。
悪化すると、引っかかりにより膝が動かせなくなることもあります。(ロッキング)

診断

MRIで評価します。

治療
  1. 消炎鎮痛剤の使用
  2. 注射
  3. リハビリ

これらで改善しなければ手術を検討します

上記以外の症状を知りたい方へ

上記に掲載されていない症状や、病名などがございましたら、下記アドレスまでお問い合わせ下さい。

お問い合わせ:t.aoto@a-seikei.com

PAGE TOP