気になる症状と病名
Symptoms & Disease name

関節リウマチ

関節リウマチ

40~50代の女性に発症することが多く、しかし原因はまだわかっていません。
自己免疫の異常が関係しています。
朝起きた時の手のこわばり(腫れや動きにくさ)などの症状がみられます。
典型的には左右対象の関節痛ですが、1つの関節の症状で出現することもあります。
進行し関節が破壊されると、日常生活に支障が生じることが多くなります。

診断

症状と血液検査や画像(レントゲン、エコー)で判断します。

治療

初期には痛みを抑えるために消炎鎮痛剤を使用します。
以前はステロイドによる治療が行われていましたが、副作用の点などから現在ではステロイド使用量は少なくなってきています。
最近でも痛みをとるために短期使用をすることはあります。
リウマチの治療は内服薬(リウマトレックスなど)や注射薬(生物学的製剤)を使用します。
早期治療を行い、関節破壊が生じないようにすることが大事です。
それでも関節破壊が生じ日常生活に支障が出るような場合は手術を勧めることもあります。
関節リウマチは薬で活動性を抑えているだけで、完治はしないとされています。
しかし、近年はしっかり押さえることにより、薬をやめても症状が出現しないでいる状態が獲得できるとの報告もあります。

注意すること
  1. ストレス、喫煙、脱水、低栄養などは症状悪化の原因になります。
  2. 感染症:薬によって免疫力が低下しています。尿路感染症や肺炎に注意しましょう。
    おかしいと思ったら放置せず、相談することが重要です。

上記以外の症状を知りたい方へ

上記に掲載されていない症状や、病名などがございましたら、下記アドレスまでお問い合わせ下さい。

お問い合わせ:t.aoto@a-seikei.com

PAGE TOP