交通事故
Traffic Accident

交通事故について

交通事故にあった時の対処や治療についてご紹介します。

交通事故にあったときは?

  1. まずは警察に連絡する。
  2. 次に相手方の保険会社に連絡していただき、当院を受診することをお伝えください。
    保険会社と当院の間で確認が取れれば、診察後の窓口支払いはありません。
    確認が取れるまでは、自己負担をしていただくことになります。
    確認ができましたら、自己負担額は返却させていただきます。

どのような治療ができますか?

診察し症状を確認します。

レントゲンや症状によってはCTやMRIを行い評価をします。
それにより、

  • 消炎鎮痛剤の内服薬や外用薬の使用
  • 温熱治療などの物理療法
  • 症状によっては運動器リハビリ

を行います。

どれくらいの期間治療ができますか?

基本的に治るまでです。

しかし、症状が安定した状態が続き、改善の見込みがないような場合は終了を提案させていただきます。
逆に、症状改善の見込みがある間は治療を継続させていただきます。
よく、保険会社から終了と言われました、と相談がありますが、治療終了を決めるのは保険会社ではなく、医師です。
終了時に症状が残存していれば後遺症診断書を書かせていただくことも可能です。

接骨院との併用はできますか?

接骨院での施術が把握困難であるため、併用はお断りしています。

施術が症状に及ぼす影響が不明であるため、後遺症診断もできません。
接骨院から当院に変わった場合でも、上記理由から後遺症診断はできませんのでご注意ください。

注意すること

  • 事故後は早めに診察を受けましょう
  • 事故直後は興奮状態であることが多く、症状が感じにくいことがあります。
  • 2~3日後に症状が出ることもありますが、早めに診察をしていただき、状態の確認をすることが大事です。
  • しばらくたってから出た症状を、事故との関連性があると認めることは困難です。
    早期受診をお勧めします。
PAGE TOP